TOP

財布に優しい風俗でも良い店舗はあるので、体験談を書いてみました。

悠々自適の中にヘルスを一摘み

会社を退職して数年、ここ最近は悠々自適な生活を送っています。一生細々と食いつないでいく貯金はあるので、後はもうゆるりと暮らしていければなって思っているんですよ。一応投資とかもしているので、たまには利益が出たりもするんですけど、そんな時にはヘルスに限ります(笑)
あまり他人と接しない生活をしているので、時には人恋しい気持ちになる時もあるんです。そんな時に頼りになるのはヘルスです。まず気持ち良くなるし、女の子と話して人恋しさを埋めることも出来ます。そう考えるとヘルスは自分にとってかなり有意義というか、自分みたいにリタイヤした人間にとってかなりありがたいサービスなんじゃないかなと(笑)ヘルスは健康って意味ですけど、その通りだなと思います。
そもそも若い女の子と楽しめるってだけでも貴重な時間だと思うので、ヘルスとは今後も適度にお付き合いしたいものですね。どんな女の子と楽しむのかもそうですけど、どんなジャンル、どんなタイプのヘルスを楽しむのかって点もすごく考えられるじゃないですか。いろいろと選べるって点もヘルスの魅力なんじゃないかなと。

こんな美人なヘルス嬢も陰の努力あってこそ

自分が今までに出会った風俗嬢の中で、一番陰で努力しているんだなってことを実感したのが横浜のヘルス嬢のRちゃんです。彼女、物凄く美人なんです。はっきり言って彼女のことをブスだと言えるような女性はいないだろうって思えるレベル。やっぱり横浜のヘルスだからこそ出会えたって感じです。
でも彼女、毎回のようにしっかりと楽しませてくれるんですよね。しかも毎回テクニックが高まっているような気がしたんです。お風呂場でそれとなく彼女に聞いてみたら、やはり影で特訓をしているとのことでした。それは、バナナとかでフェラの練習をしているって言うんですよ。彼女曰く、バナナを噛まず、それでいて折れないような力加減で練習するんですって。その話を聞いた時、彼女のような美人でさえそんな努力をしているんだなってことで感激させられました。決して風俗嬢として適当に働いている訳ではなく、影でここまで頑張っているんだなって。美人なのにそこまで出来る。それだけでも彼女がどれだけ風俗嬢に対して本気で取り組んでいるのかってことがよく分かりますよね。
技術はどんなものでも極めれば美しくなる、横浜のヘルスでそんなことを考えさせられた一日でした。